CONTENTS

人生100年時代のリノベーション

人生100年時代のリノベーション

愛知県の工務店が考える最適化リノベの魅力と注意点

医療が進歩し平均寿命が男性が81歳、女性が87歳となりました。約20%の人が100歳まで生きると言われている「人生100年時代」に入りました。
現役をリタイヤしアクティブに人生を謳歌するセカンドステージの後に、老いを意識し静かに最期のときを待つサードステージがそれなりの期間あるということでもあります。

そんな「人生100年時代」に見合ったリフォームとはどんなリフォームでしょうか?

それは、家で暮らす時間が本当の意味で長くなるサードステージを意識したリフォームですね。

セカンドステージにだけ焦点を当てた、趣味を満喫するための改築ではなく、将来の足腰が不自由になったことを想定したバリアフリーリフォームでもない。
永く安心して心地よく暮らせる空間づくりこそ、人生100年時代のリフォームといえるでしょう。

1.愛知県のリノベーションブームの背景

愛知県住み慣れた地域で、古民家を木質化リノベーションすることは、歴史と現代の融合を体験できる魅力的な選択です。
しかし、その過程にはいくつかの注意点があります。この記事では、愛知県でのリノベーションの魅力とリスクについて探ってみましょう。

1-1:リノベーション需要の増加要因

安心して住まうことができる耐震性を確保し、快適に暮らすことができる温熱環境も実現させる。
さらに、メンテナンスの心配が少ない劣化対策にも配慮する。

そして、長い時間を過ごすからこそ窓から見える風景や、自然素材がもつ手触りや風合い、四季の移ろいを感じる庭、光と影が織りなす空間のリズム、愛着の沸く家具…など、 そこで暮らすことそのものが豊かになる空間をつくりだすこと。
こうした住まいの「本質」を改善するリフォームの要望から生まれたものなのです。

もちろんコストの面でも新築に比べてメリットは多くあるため若い世代でも増加傾向にありますが、家を使用する年月も大きく異なるため自分がどのように家を使っていくかをしっかりと見極める必要があるといえます。

1-2:愛知県での古民家リノベの特徴

愛知県にはいわゆる古民家と呼べる良質な中古住宅が存在します。
築年数は30年より以前ものが多いのが特徴です。築年数が浅いものであっても使ってある材料や作り方により、リノベーションに対応できるかどうか判断が必要な物件も多くあり、躯体の堅牢さが耐久性に直結することもあり判断を一般の施主がすることは難しいともいえるでしょう。
表面上だけの更新ではなく、安全性を高めることへの関心も高まっているからこそ、インスペクションをされるケースも増えてきています。

2.古民家のリノベーションの魅力とメリット

2-1:愛知県の古民家リノベのメリット

一番はコスト面です。構造の部分の材料費や、そのまま使用できるものは費用がかかりません。
サイズ感なども、現存するものは確認ができるのでプランなどの検討もしやすいでしょう。
なにより、木造の場合は木肌を表しにして見せられるような状態なら、雰囲気もよく新築では味わえない居心地が感じられます。
古いものしか出せない雰囲気がありますね。

2-2:木質化リノベの特徴と魅力

一番は人生そのものを豊かにさせる暮らしを実現できることです。
現在の間取りを生かしつつ、新築で培ってきた設計力をつかい新しいエッセンスを加えながら空間を改善することで、その家にしか出せない居心地をを実現します。
もともと使用されている素材との相性を見極めて、性能を向上させることで年を重ねた時の体への負担を軽減できます。
ヒートショックなどの事故を防ぎ健康で長生きする人生を助けてくれるのです。

3.リノベーションの注意点と課題

イシハラスタイルでは本質的なリフォーム・リノベーションをおすすめしています。
その理由に、設備や仕上げなどを交換するだけては得られない、「耐震性」「断熱性能」「長寿命化」そして「豊かな空間」の実現を目指した大規模なリフォームでは特に、各分野の専門的な知識や経験、専門的な計算能力が必要とされます。
性能だけで使う素材を選んだ場合に、逆に家を傷めてしまう場合があります。気密性を上げる素材でも結露対策を十分にせずに新しい素材をうわべだけ変えた場合に壁体内にカビが発生させてしまうこともあります。リフォームは気軽に考える方も多く、そうした審査機関などの監視が入らないがための問題も潜んでいます。

3-1:中古住宅と古民家の違いとポイント

古民家はただ古いだけの家とは違います。
一般的な古民家の定義は、築40年越えかどうかのようですが裏を返せば40年以上経ても古民家と呼ばれ美しい佇まいの住宅と、それ以外、では本来の価値は違います。
実際、現在の新築住宅が35~40年で壊されていることを考えると、40年以上存在している住宅にはちゃんと裏打ちされた理由があるのです。
しかしながら、不動産を購入する際には設計者ではなく不動産業者との相談で決めることが多いため、実際の家の劣化度を購入者が見極めることは難しかしいと言えますので、40年以降にリフォーム・リノベーションしてさらに100年存続できる家を古民家と呼んでいる人も、感覚的にはなりますが多いのではないかと感じます。

3-2:古民家リノベのコストとリスク

コストは工事範囲により大幅にかわります。設備の更新だけであれば200万円~でも可能ですが、設備を新しくするのなら床も変えておこう、それなら壁もと範囲が広くなり結局1000万円ぐらいかかると驚かれる方もいます。後回しにできることは良いのですが、ついでに工事したほうがお得な場合もありリフォーム・リノベーションの費用を概算で出すのは難しいことと言えます。とくに中古住宅を購入した場合は、資金が足りなくなってしまい夢が実現できない場合もでてくるので、住宅を購入前によく相談するとよいでしょう。
また、購入者は見た目を綺麗にしたいという要望でスタートしたとしても、耐震補強や断熱補強などをすることで快適性向上に費用が掛かる場合も予想外にコストが変更になる場合もあるので注意してください。ライフプランと照らし合わせてしっかりと資金計画をしていくことが必要と言えます。

4.木質化リノベーションの手法と事例

コストや手間を抑えるために新建材を使いがちなリフォーム工事ですが、イシハラスタイルでは、内外に極力自然素材を用います。それは、そこに住まうご家族に心地よさを感じていただきたいということはもちろんのこと、新築時同様に廃棄時に地球に負担を大きな掛けないものを使いたいという想いからです。
冬は暖かな日射を取りこみ、夏は深い軒の出でそれを遮ったり、家のどこにいても室温の大きな差を感じないような断熱と空間構成とすることで、リフォーム前とは格段に違った快適さを実現しています。
温熱性能だけでは測れない窓から見える景色や植栽、家事ストレスの少なさといった、日々の暮らしのなかでしみじみと「いい家だなあ」と感じる設計の良さからはじめて心地よいと感じる住まいができあがります。一方でそれはたしかな性能があってはじめて実現できることでもあります。そのバランスを高次元で成立させているのが、本質改善型リフォームといえます。

4-1:木質化リノベの手法とメリット

お風呂やトイレなど、住まいのある部分に視点を置き、その部分を交換することで快適性や不満の解消をする一般的なリフォームとくらべて、新築に近い満足度があるのが木質化のリノベーションです。
最新の機器に交換されることで、きれいになった、使いやすくなったという満足を得ることが出来ます。気になる部位だけをリフォームすることはできますし、その分コストも抑えることが可能すが、断熱性や耐震性といった家の性能そのものは変わりません。
その場合は、家の一部に絞った向上計画をつくったり、そのお家にあわせたオリジナルな計画をすることができます。それが、新築を手掛けるイシハラスタイルだからこそ実現できるものなのです。

4-2:愛知県でのリノベーションの将来性

愛知県は温暖な地域にもあり、シロアリの生息地でもあります。リノベーションのきっかけもそうしたシロアリの存在を知ったときに家の状態を心配したことが始まりの場合が少なくありません。自分の家に、まさかといった気持ちになるかもしません。しかし、どのお宅にもあり得ることだと知り、季節ごとに点検などをしているだけでもそうした被害から逃れることができます。
点検をすることで、被害を最小限のうちに改善することで大規模な工事にならずにすむこともあります。
イシハラスタイルでは住宅医の会員である建築士が在籍し、劣化や耐震やバリアフリーに対して的確な判断をすることができます。家も人間の体と同じで病気は早期発見が良いのです。
そうすることで、低コストで夢を実現するためのリノベーションに費用をかけることが可能になります。

4-3:持続可能なリノベーションの方向性

本質的な改善をすることで、既存住宅の寿命を延ばし、家を快適で豊か空間にすること。さらに省エネ化をすることでシニアになってもランニングコストを気にせず快適に暮らすことができます。ラニングコストを気にして節約しているうちに、体に不調をきたしたりしては意味がありません。
それほどに家と健康とは密接に関係があります。人も家も健康であることで、どちらも長生きにつながっていくのです。
それには、リノベーションの方法や使用する素材をしっかりと選び、計画を練る必要があります。そのことを念頭にリフォーム・リノベーションといえども取り組んで欲しいと考えます。