好きを大切に暮らす

好きを大切に暮らす

大切なことは、日常の豊かさ、身近な幸せ、日々の嬉しい時間。インテリアのプランニングやコーディネートは、形ではなく一人ひとりの暮らしと住まいをどうむすびつけるかということです。 打ち合わせでは、家事や育児のことで奥様と会話

続きを読む
道具のような家の成り立ち

道具のような家の成り立ち

道具のような家。イシハラスタイルは、道具のような家をつくりたいと思います。そして、 道具のような家に共感してくれるお客様に出会いたいと願っています。 たとえば職人の道具。大工の鑿(のみ)。意のままに正確に木を刻むために、

続きを読む
木の家に住みたい

木の家に住みたい

木の家をおすすめする理由 その1 これは、私たちの実体験です。イシハラスタイルを興して最初の一棟は、自分たちの住まいでした。 まもなく築15 年となります。一般的には、いろいろなところに古さや傷みを感じ始める築年数ですが

続きを読む
家づくりへの思い

家づくりへの思い

イシハラスタイルの家づくりは、1回目の打ち合わせからお引き渡しまで、だいたい一年半です。ヒアリング完了までに3か月、プラン決定に2か月、コスト検討に2か月、設計に3か月、工期が8か月。 春に打ち合わせに来られて、年内に入

続きを読む
木の家とタフな暮らし

「家の傷」と「心の傷」 

木の特徴と木の家について専門的なことも交えて述べてきましたが もう一つ、お伝えしたいと思った本音を申し上げます。 私たちは木の特徴を勉強しながら、木の特長を家づくりに生かすために日々奮闘しています。 木の家こそが、人の住

続きを読む
道具のような家

「道具のような家」を木でつくる

もとより、イシハラスタイルがめざすのは「道具のような家」です。 住めば住むほど、住む人の暮らしを受けとめて自分らしく快適な空間となる。 そのために使う材料が木材であり、工業化材料や化学製品を最小限に抑えて家をつくります。

続きを読む
カビは怖い?

「黒カビ」について

カビや木材腐朽菌は、自然界に当たり前に存在します。 これらを排除することはできません。カビや腐朽金が活性化するためには条件があり その条件にならないようにすることがカビや腐朽を抑える方法となります。 カビや腐朽菌が活性化

続きを読む
土台

「床鳴り」について

高音を発する床鳴りの原因の大半は、木と木が擦れる際に発する音です。 イシハラスタイルは、床材や階段に無垢材を使用するため 床鳴りする箇所が出ることがあります。 床鳴りしないようにつくるのですが、材料の反りや収縮によってど

続きを読む
木の割れ

「木の割れ」について

木は割れます。小口割れと表面割れの二つがあり、 屋外で使う材は、切断面からの小口割れが頻発します。 導管が小口断面に現れ、水分を放出してその後に収縮する性質による現象です。 屋内で使用する場合も小口割れは起こります。 表

続きを読む
スギ床8年

「家の傷」について

傷が気になる家と気にならない家があります。 イシハラスタイルの木の家は、木工事の最初の工程 「上棟」の時点から化粧材(完成時に仕上げに現れる材料)を多用します。 レッカーで大きな梁を持ち上げて、現場で組み上げる作業を行い

続きを読む
家づくりに使われる木とは

家づくりに使われる木とは

木で「人の住む家」をつくることは、理屈で確かめるまでもなく 人の肌身に合った最善の方法だと思います。 木で家をつくること、木でつくられたものと共に暮らすことを おすすめするのはこの理由につきます。 木の家のメリットはいく

続きを読む